MENU CLOSE

尾張旭市・長久手市・瀬戸市の外壁塗装ならセーフティーライフ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-090-992受付時間 9:30~18:00(水曜日定休)

  • ショールーム来店予約 クオカードプレゼント
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 外壁の種類エトセトラ|外壁塗装専門店|尾張旭市のセーフティーライフ

外壁の種類エトセトラ|外壁塗装専門店|尾張旭市のセーフティーライフ

塗装の豆知識

2020.06.06 (Sat) 更新

尾張旭市 瀬戸市 長久手市の外壁塗装工事はセーフティーライフが一番!

突然ですが。

皆様のお住まい、外壁の素材は何かご存知ですか。

それぞれ素材の種類によって、寿命や劣化症状等異なります。

まずは、ご自宅がどのような種類の外壁であるのかを知ることが重要ですね。

サイディング

サイディング材は、セメントや繊維質、無機物からなる板状の外壁材です。これらを壁に貼り合わせていくことで、お家の外壁が出来上がります。

貼り合わせていくと、下の写真 のようにどうしても隙間があいてしまいます。

その隙間をシーリングコーキングと呼ばれるもので塞ぎます。下の写真がその施工後の写真になります。

そうすることで、サイディング材同士がぶつかって劣化を早めてしまう恐れや、雨水による浸水の恐れを解消してくれます。

これらの工程を経て、☝写真のような外壁が出来上がるんですね。
これがいわゆる、サイディングと呼ばれる外壁です。

サイディングの外壁において、もっとも早く劣化するのはこのシーリング部分です。

材質によっても差は出ますが、およそ5年~10年ほど経ちますと、シーリング部分にひび割れや、亀裂、また酷い場合ですとサイディング材との剥離などが見られます。

新築後、サイディング壁のメンテナンス時期は、8年~12年後と言われています。

サイディングの劣化症状としては、ひび割れや、※チョーキング現象、また塗装が施してある場合は塗膜の剥がれや膨れなどの症状があります。

※チョーキング現象とは、外壁を指で擦った際、指にチョークのような白っぽい粉がつく現象のことを言います。これはサイディングを覆っている塗料の塗膜が劣化して粉状になってしまい、外壁の防水効果が切れているサインです。

これらのことを考慮すると、塗り替え目安としては、8年~12年ほどが良いでしょう。

また、酷いひび割れなどが無い場合には、元の模様を生かしたクリアー塗装が施せるので、模様を生かしたい!と言う方は、さらに早めのメンテナンス施工をおすすめ致します。

 

年数を忘れてしまった方は、下記のまとめとご自宅の外壁を照らし合わせて塗り替え時かを確認してみましょう。

 

サイディングの塗替えサインまとめ

  • シーリング部分のひび割れ、亀裂
  • シーリングとサイディング材との剥離
  • 外壁のチョーキング現象
  • 塗膜の剥がれ、膨れ
  • サイディング材の反り など

ALC

ALC外壁はサイディングと同様、パネル状のものを貼り合わせていくことでお家の外壁が出来上がります。
また、同じように貼り合わせていく上でパネル間に隙間が生じますので、シーリングを充填してその隙間を埋めていきます。

建てる際の作業工程を大まかに見ると、サイディングとほぼ同じように作られているんですね。

「ヘーベル〇〇〇」もALCです。

よくテレビコマーシャルなどで耳にしませんか?

旭化成建材が出しているALCの呼称になります。

サイディングとの大きな違いはその素材です。

ALC外壁は、軽量気泡コンクリートで出来ています。コンクリートとは言っても、その内部は文字通り気泡が空いている状態ですので、通常のコンクリートと比較すると1/4程度の重さになります。

ALC外壁の一番の弱点は、サイディングと同様にシーリング部分です。

また、ALC外壁は内部に気泡が空いていることから、耐水性が低いことも弱点になります。

 

ALC外壁の塗替えサインまとめ

  •  シーリング部分のひび割れ、亀裂
  • 外壁のチョーキング現象
  • 外壁の色褪せや色ムラ
  • 塗膜の剥がれや膨れ  など

モルタル

モルタルは、セメントと砂と水を練り合わせて作られたもののことを言います。
そのモルタルを外壁部に塗りつけて土台となるモルタル壁が出来上がります。

そこへ塗料を様々な大きさにして吹き付けたり、細かい砂など(リシン・スタッコ)を塗料と一緒に吹き付けたりなどの仕上げ吹きをすることで、モルタル外壁が完成します。

写真下が塗料をまとめて吹き付けて柄をつけた吹き付けタイル壁で、右側は細かい砂を吹き付けたリシン壁です。

 

モルタル壁はセメントを使っていることもあり、壁のひび割れ(クラック)が最も多く見られる劣化症状です。

また、吹き付けた塗料が劣化しますと最悪の場合、下写真のように壁が剥がれ落ち、モルタル部分が剥き出しになってしまいます。

そうならない為にも、以下を参考に時期サインを見逃さないようにしましょう。

 

モルタル壁の塗替えサインまとめ

  • ひび割れ
  • チョーキング現象
  • 色褪せ・色ムラ
  • 塗膜の剥がれ・膨れ
  • 雨などによる目立った黒シミ など

 

いかがでしたか。

外壁と一言で言っても、いろいろな素材があり、それぞれ特長や劣化症状、メンテナンス方法等も異なって参ります。

それぞれの素材に合った適切なメンテナンスを施す事が重要です。

そのためにも、建物調査の際にはしっかりと素材を見極め、判断できる業者を選びましょう。

投稿担当者

種村 有輝子YUKIKO TANEMURA

ご来店受付、お電話、WEB窓口担当…だけではなく、現場も行きます!調査もお任せ下さい!S-LIFEのまとめ役。
一歩社外へ出れば二児の母、第二の戦場が待っています。

外壁塗装&屋根専門店 セーフティーライフのホームページへようこそ

セーフティーライフ 代表取締役

田村 友宏

はじめまして!のお客様、お久しぶりです!のお客様、いつもお世話になります!のお客様、ようこそ、セーフティーライフのホームページへ。代表の田村です。
このたび、尾張旭市東本地ヶ原町の国道沿いに、【外壁塗装の専門ショールーム】として店舗を構える運びとなりました。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に利用でき、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、弊社創業当時からのモットーであります。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものなんてありえません。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに対応も違います。違わなくてはならないのです。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より質スタイルのお店です。
こんな強い想いを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれるスタッフ達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
どんな些細なご相談でも大歓迎です。ぜひ、お気軽にショールームへお立ち寄り下さい。

  • 尾張旭市ショールーム アクセスマップ

    セーフティーライフ尾張旭市ショールーム

    〒488-0033 愛知県尾張旭市東本地ヶ原二丁目125番地 JIN晴丘ビル
    TEL:0120-090-992
    営業時間 09:30~18:00(水曜日定休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

    初めての方は無料診断へ お気軽にお電話ください

    0120-090-992
    受付時間 9:30~18:00(水曜日定休)

    無料見積依頼

    絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-090-992営業時間 9:30~18:00(水曜日定休)

お問い合わせフォーム

セーフティーライフ 尾張旭市、長久手市、瀬戸市の外壁塗装&屋根専門店 セーフティーライフ
[尾張旭市ショールーム]

〒488-0033 愛知県尾張旭市東本地ヶ原二丁目125番地 JIN晴丘ビル